top of page

記事

そちら側とこちら側

おはようございます。 PlayPrayPlaceのHiroです。

サンゴ礁
サンゴ礁


sessionをしている時、いつも気を付けている事があります。 昔、カウンセラーの養成講座を開催していた頃、ある方から、 HiroさんはどうしてAさんと組んでコラボワークショップをされてるんですか? Aさんは私たちと同じこちら側の人で、Hiroさんの様なそちら側の人では無いと思います。 と言われた事があります。 そのご指摘はご指摘で考えるべきところなのですが、 それよりも、今でも思い出すほどショッキングだったのが、 皆さんにとって私は教える側のそちら側の人で、

皆さんは教えられる側のこちら側の人という構造を 知らず知らずに作り上げていたという事でした。


私たちは、相互に関係し合っています。

どちらかが片方の役割を担うと、もう片方はそれ以外の役割を担おうとします。 この場合私が、「自分の人生を思い通りに創造して行ける人」という役割を担うと、 役割として「自分の人生を思い通りに創造できない人」を必要としてしまう

ということです。 それは、カウンセリングでいつも気を付けていることだったのに 講座となると意識できていませんでした。 私は、「私があなたを絶対に治してあげますよ!」という姿勢の方の施術は 絶対に受けないようにしています。 なぜなら私を、「自分で自分を治せない人」にしてしまうからです。 とても親身で頼りがいのある温かい人に感じますが、その姿勢は、私の力を奪います。 もちろん血がドクドク出ている状況で、救急隊の力を拒否したりはしませんが、 自己治癒力を発揮できる時には最大限発揮したいと思っています。 きっと営業する側としては、絶対に治してあげますよ!といった方が まだまだこの世界では有利なのだと思います。 しかし、それでは本当の意味での貢献にはなりません。

自分にも、相手にも、社会にも貢献できるツール、それがTimeWaverです。 あくまでもTimeWaverを活用して前進して行くのはクライアントさんです。 PlayPrayPlaceのTimeWaverのオペレーターが、オペレーターという立場をとっているのは、 TimeWaverを操作するプロであろうとするからです。 TimeWaverオペレーターが治していくのではないのだということを常に大切にしています。 今日も素敵な一日をお過ごしください。


Eriさんのモニターセッションを受け付けています。


お申し込みはこちら → https://www.ppplace.jp/timewaver-session から、

ご希望のオペレーター欄の、【Eri・・・現在は、モニターセッションのみ承ります】を選択してお申込みください。 詳しくはこちらから→https://www.ppplace.jp/post/eri-monitorsession

Comments


bottom of page